水元かわせみの里水辺のふれあいルーム(2022.05.03)

 2022年5月3日。

足立区葛飾区水槽展示施設めぐり。
千住で練習だった長男が戻ってきたので、長男と一緒に水元公園へ。
いい天気のゴールデンウィーク、めちゃめちゃ車が多くて駐車場に入るまで10分くらい渋滞に巻き込まれました(;'∀')入れたからいいけど。

さて、そんな水元公園。広いんです。東京都、デカイ公園大杉問題。うらやましい…。
広大な空き地があったら速攻でマンションが建ってしまう我が某市とは大違いだぜ。

気持ちいい公園内の広い通路を歩くこと15分くらい?HADO練で疲れ切った長男の歩調に合わせてゆっくり歩いたらめちゃくちゃ疲れましたw
建物の前の通路にあったむしむしハウス。これだけで「あ、ここ、いい施設だ」と気付いちゃいましたね。かめきち氏のセンサーは有能なんですよ?w

入ります。

エントランス左の受付カウンターに小さな水槽とプラケが3つ。常時子供がスタッフさんとお話していたので観察はできず(最高に素敵な光景だったのよ。目をキラキラさせて生き物の質問をする子供と、それに最高にうれしそうな顔で回答する職員さん)。

エントランス入って右側にはメダカの水槽。
水槽前のメダカふえた?へった?クイズパネル。答えはもちろん「へった」なんですが、これ良きですよねぇ。好き。

「かわせみの里」ですからね。池がバーンと見える大きな窓に双眼鏡?単眼鏡?が置かれていて観察バッチコイ!になっています。

カワセミバッチコイの窓の足元になぜかデカデカなカメ水槽が。


そして、最初入ったときに気付けなかった奥のスペースに気付きました!
あ!でっかい水槽がある!!

ででどーん!!でっかいどーーん!!

コケが残念っちゃ残念なんですが、色んな魚がわちゃわちゃ入ってます。楽しい。

魚の解説が最高に良き。

職員さんが作られたのかな…。センスありますよね。ホント好き。

壁面にも解説がたーくさん。モツゴの敵多すぎぃ…。

ただダラダラ解説パネルがあるんじゃなくて。
それぞれ中に詳しい解説が書かれています。表の標語(?)も中の解説も分かりやすくて良き。


でっかい水槽の後ろに…じゃじゃーん、いっぱい水槽があったー!

水槽の解説は大水槽と変わらず面白い&かわいい。


あ。荒川ビジターセンターにもいたクロベンケイガニさん!

かっこいい…。水元公園にもいるんでしょうねぇ。ステキ。

あ、イモリ!

アカハライモリの展示もありましたー。イモリ展示めぐらーという尖った趣味をお持ちの方がいますのでどうぞw


こちらはカエルコーナー。

じーーーーっと見られました。眼光するどいw
ちなみにここにいるニホンアカガエルとアズマヒキガエルは同じ葛飾区にある鎌倉公園で生まれたカエル達で鎌倉公園の工事から避難しているんだそう。
カエルも希少種ですからね…(ウシガエルとか除く)


もちろん水元公園にもカエルはいます。池からはシュレーゲルのコロコロも聞こえてました。
ところで「私が産みました」ってwwww


カエルの学習コーナーも良きでした。
カエルが食べるもの(エサ)、カエルを食べるもの(捕食者)の絵が描かれたメンコが出てきます。

カエルが減っているっていうけど、カエルが減ったらどうなるの?ってのも絵を豊富に使って説明されています。生態系バランス大事。


アズマヒキガエルすごろく。これすごかった。
「水元公園に住む」コースを選択すると食べられちゃう率が激高くて難易度MAXに!反対に住宅地に住むとネコにひっかかれるくらいで済んじゃう。考えちゃいますねぇ。

長男と一緒にやってみたのですが、何度やっても住む場所を選択する前に「陸地にたどりつけずおぼれる」に止まってしまい大人になれなかった長男に爆笑でしたw
一生オタマジャクシww

魚やカエルだけじゃなくて、昆虫も植物も解説があったよ。
テントウムシって身近にいるけど、こんなに種類が多いんだねぇ。我が家の梅の木にいる謎の幼虫(グロい)はテントウムシの幼虫だという学びがありました。



かわせみの里だけどカワセミは展示されてたはく製しか見ませんでした(;'∀')ま、まぁ、かめきちさんですから…(;'∀')
最初の「ここはいい施設だぞ」というピピーン!は大正解でしたね。かめきちのアンテナ精度は高いのですよ(謎の自慢タイムw)水陸空、すべての生き物を対象にここへたどり着いた人みんな興味をもってくれー!という熱意がものすごく伝わってくる、本当に私好みの施設でしたよ。

ガイドウォークのチラシに載っている方が受付でいきもの好きキッズからの質問を嬉しそうに答えているのがすごく素敵だったので、私もガイドウォークに参加したい!!ってなりました。いつか参加してやるー!

足立区荒川ビジターセンター(2022.05.03)

 2022年5月3日。

足立区・葛飾区の水槽施設めぐるツアー、2施設目。

足立区荒川ビジターセンターです。荒川の河川敷横に建つ複合ビルの中にあります。図書館や生涯学習センター、上層には普通の住宅が入っているでっかいビルです。
ビジターセンター界の常識を破る斬新な立地ですね。
駐車場があるのを知らなくてこれまで敬遠していましたが、この度地下駐車場があることを知ったのでホイホイやってきました。
入場。窓が明るく白つぶれしてますが、窓の向こうに荒川が見えます。ビジターセンターのある階からそのまま河川敷に出れる橋が繋がっています。

(水槽数が減っているとツイートに反応下さった方がいましたが、コロナ対応であえて減らしているのかもしれません。確認はしていないですが。)

水槽を見ていきますね。

小さめの水槽が多いですね。中にいるのは目の前の荒川に生息している生き物たち。

一番大きな水槽でも60センチですね。

ウナギかわいい(*´ω`*)


水槽はこんな感じです。
が、がっ!!
ここのメインはコレで間違いないっす。ベンケイガニのタッチプールです!

(なぜカニをタッチプールにしようと思ったのか…)
(ハサミにはさまれる子ども続出しないのかな…)
(ざわざわ…ざわ…)

大人なので手は入れませんが、観察してみるとちょっとかわいい…。目が合うと穴の中に逃げようかどうしようか迷ったように顔を逸らすカニ…。やだカワイイ…。

トロ舟に砂をドカっと入れ、水を少々入れただけなんですけどね。
砂山に夜のうちに各自穴を掘ってねぐらをつくるんだって。穴同士がところどころ繋がってたり、ねぐらが崩壊して砂の下に埋もれちゃったりするんだそうで。
何よりスタッフさんの説明が楽しい。

タッチプールでカニを触れない子用に窓際の小さい水槽にもクロベンケイガニが展示されていて近くで観察できるようになっています。
目の前の川、岸辺の湿地帯にわんさかいるんだとか。川のどの辺りにいてどんな動きをしているかの説明を聞いて、川っぺりに降りて観察してみたい!って思いました。
いつも水族館に行くと思うこと。水族館が特別な環境なのではなくて、水族館外のフィールドに同じ世界が広がってること、そこに目を向けさせる展示こそが水族館の大きな存在意義なんじゃないかな、ってこと。
スタッフさんの説明を聞いて、まさにソレですよね!って一気にイチオシ施設になりました(私は時間が押してて川には行けなかったけど)

また会いに来てね!って言われた気がした(*´ω`*)また来るね。

目の前の川にいる植物・野鳥・昆虫についてもしっかり解説。
いやー、規模は小さいけどすんごい素敵な施設でした。もうちょい時間をとって再訪して次は川におりてみたいと思います。

あやせ川清流館(2022.05.03)

 2022年5月3日。

世の中ゴールデンウィークで水族館はどこも大盛況みたいですね。良きですよきです。
まあ、そんなこと言っといて激混み水族館に特攻できる人ではありません、かめきち氏。

家に引きこもろうと思ってたのですが、ちょうど朝早く千住に長男を送り届けるミッションが発生しましてですね。ついでに足立区・葛飾区の水槽めぐりツアーを開催しました!

到着。
桑袋ビオトープ公園という施設内にあります。公園も駐車場も夜間は施錠されており8時すぎに着いちゃって駐車場が閉まってて近くのマクドに避難するハメになりました。行く方はお気をつけてね。

ビオトープ公園という名前の通り、ため池があります。
あのお花はショウブ?アヤメ??
お花に疎いかめきちさんにちょうどいい案内が出てました。
へぇーーーーーー!水辺に生えてるのはカキツバタなんだ!ショウブとアヤメとカキツバタ、見分けがつくようになる!かも!

ところであやせ川清流館の「あやせ川」とは綾瀬川のことで、
公園のすぐ横に流れています。

さて中に入ります。ちょうどテントウムシのマグネット作りという工作教室がある日らしく、開館ダッシュ(物理)するファミリーに押しのけられて小さくなりながら見て回ることに。
恐るべしゴールデンウィーク。

お部屋の一角に水槽が並んでいます。ただそこらの生き物を入れた水槽を並べるのではなく、しっかりと伝えたいテーマがあって「展示」されています。良き。


幼稚園児くらいのアカミミ。かわいい。

こちらは水辺の生き物コーナー。

えらく人馴れしてるヌマチチブさんがキュート♡

モツゴ(親)孵化して9か月の幼魚もお隣に展示されています。

そしてミジンコ。ミジンコ……。マクロレンズ持ってくればよかったw
人が多くてカメラをわざわざ出せるような雰囲気じゃなかったけども。


そしてこちらが草地の生き物。

数種類のテントウムシが展示されていました。

爬虫類も。
アオダイショウのフレーメン反応…(嘘ですw)

真面目です。マジメ系展示施設大好きマンなので、ちゃんと読みます。良き。

想像以上にしっかりした展示施設でした。
ため池で飼育管理されているアメリカザリガニを釣る体験もできるようです。

こういう小規模水槽展示施設はできれば人のいない時期に来るべきですね…。いや、連休とはいえ朝一番にこんなに人がごった返すと思わなかったんですよ…(´・ω・`)
10台くらい停められる駐車場も9時のオープン前に満車になっていたこともあり、水槽見るだけの人(私)はそそくさと退散いたしました。近所にあると楽しい施設ですね。良きでした。