京急油壺マリンパーク特別編③(みうら自然館、屋内大海洋劇場ファンタジアム、その他)

ということで京急油壺マリンパーク特別編③です。
※前二つの記事はコチラ→特別編①特別編②

京急油壺マリンパークはこんな感じで魚の国・あしか島・ペンギン島・かわうその森・みうら自然館・イルカプール・屋内大海洋劇場ファンタジアムなどなどから成り立っています。
今回はみうら自然館、屋内大海洋劇場ファンタジアム、その他です。いくよー。

(ちなみにこの特別編3つの記事、最初の写真が全部違う園内案内なの、気づきました…?)


カワウソ小屋の隣、ペンギン島と屋外ステージ前にあるみうら自然館。
油壺に行ったことがあってもここには入ってない人もちょいちょい居るのでは?っと思います。

油壺のある三浦半島の自然を知る学習館的な位置づけです。
入ってすぐはこんな感じ。今はコロナ対策で写真左側にある扉が開放されてて日光が差し込んでくるので撮影難易度が10倍高くなりました(ひえぇぇ…)

それぞれの水槽にはこんな感じで丁寧な説明がついています。タナゴは神奈川県では絶滅種です_| ̄|○

しょっぱなからカウンターパンチくらう感覚。タナゴすら絶滅させちゃったのか、神奈川県…(アイアム神奈川県民)

いつかこういうイモリ水槽作りたい!!って毎回ガッツ見しちゃう水槽。

よーーーーーーく探すと見つけられるかもしれません。トウキョウサンショウウオです。
神奈川県では絶滅危惧Ⅰ類に分類されています。風前の灯。
ちなみにこの個体は井の頭自然文化園から卵を譲り受けて育てられました。チビちゃんの頃から見てたよー。

ヤリタナゴ。ここ、めーっちゃ撮れないんですよ…粘ってがんばったよ!

三浦半島の生息地マップです。在来種天国なんですよね。残していきたいけど、難しいだろうなぁ…。


水槽のアクリル面の汚れが気になりますが、中身は贅沢!奥行きがながーい。見えづらいけど奥側の流木や石組みが素晴らしいのよ…!!
水槽の住民たち。

ウナギかわいいよ、ウナギ。

ひっそりとすんごい水槽が実はあります。
この水槽。奥の方が見えないな~って少しかがむと…。

見て見て!!奥の方は底上げしてあって水深が浅くなってるの!で、浅い場所が好きなメダカとかは奥に集まってたりする。この工夫、発見したときは大興奮したよね。マジかよ!もっとアピールしたらいいのに!って。

こちら。最初の方の自然館入口で本日のオススメになっていたニホンアカガエルのオタマジャクシ。ここで孵化したオタマちゃんです。毎年孵化してる気がします。

親(なのかな?)
カエルさんいないねーとスルーしちゃう人がいっぱいいたけど!
ここにいます!!ここ!!

在来種だけじゃなく、ちゃんと外来種も展示されてて、外来種(特定外来とか国内移入とか)問題の説明も。

外来種でも綺麗なんですよねぇ…魚は悪くないんですよね…。

みうら自然館好きすぎてめっちゃ長くなりました…(反省…)


さあ、次!
イルカショースタジアム、正式名称「屋内大海洋劇場ファンタジアム」です!
あふれ出る昭和スタイル!良き!

階段をくだっていきます。ちゃんとベビーカー用のスロープも横にありますよ。

到着。「劇場」の名に偽りなし、ですね。


アシカとオタリアは座席前のステージで。
これはお正月の獅子舞パフォ。

奥のステージでも。
計算もできるよ!すべて「9」を選ぶけどね!wwという演目ww

飼育員さんの指揮棒通りにオルガン演奏もするよ!一曲分集中力が保てるのはすごい!

見た目が劇場なだけではなく、ショーも劇仕立てで進行していきます。

真剣「尻」刃取り!とぅ!

劇のクライマックスはやっぱりイルカたちです。

劇場内のどの席に座っても大丈夫です。客席の傾斜がきついので前の人の頭があぁぁぁなんてことも(あんまり)ありません。

ただ、あまり明るくはないので私には撮影は厳しいです!(笑)

ジャンプだけじゃなく、ボールやフープなど色々やります。劇のストーリーとはあまり関係ない感じは毎度気になりますが、まあいっか(笑)

そうそう。
このショーでだけ見ることができる油壺のフンボルトペンギンは必見ですよ!一瞬ですからね!お見逃しなく。ちなみに屋外にいるのはキタイワトビペンギンですからね。

劇の内容に合わせて変わるペンギン君の衣装にも注目ですよー。

さて。表に出ましょう。
屋外のアザラシプール(旧イルカプール)の奥は芝生になってて海がばーーん!と見えて気持ちいいことこの上なし!

これはなんだ…?と思ったら油壺の年パス、すいぞくかん学園の「三浦産アコヤガイ真珠づくり体験」の参加者が飼育してるアコヤガイだった。楽しそうなプログラムだなー来年は年パス作ろうかなー、と思いつつ最後まで年パスを作ることはなかった…。


海ばーーーん!はコチラ。最高!!さいこう!!!

富士山ばぁぁぁぁん!!

望遠すると江の島展望灯台も見えるよ。


海があって空が広くて…トビもいます!かっこいい。でも食べ物持ってると襲われそう。


基本的に混んでそうな時は行かないのですが、それでも時間によっては館内が混雑して、人混みがめちゃくちゃ苦手な私は辛くなるといったん敷地の外に出ます。出て右側へ進み、この通路の突き当りの階段をおりると。

海に出れます。タイドプールには生き物もたくさんいて幸せになれます(*´ω`*)
人混みでしんどかった心のお洗濯に最適。お天気が悪いときは危険なので下りないでくださいね。


そうそう。油壺マリンパークといえば、マグロと海鮮丼も忘れてはいけません。人ごみに疲れたらレストランに逃げるのも良きですね。
めっちゃ美味しいから!!あおさ入りのお味噌汁も美味しいから!!

夕方のファンタジアム前。なんというかここに流れる空気感が好きなんですよね。

なんでこの場所を閉じなければいけないのか…心の底からコロナが憎いです。
油壺閉館のニュースが出た時、「古いから仕方ないね」「1日過ごせる場所じゃないしね」「地味なイメージ」といったコメントが目に入って、世間一般の意識はこんな感じなのかーと改めて実感したよね。うん、自分が老害なのはわかってる。わかってるけど、水族館はエンタメのためだけにあるわけじゃねーだろ?と思うのですよね。

これまで50年以上積み上げてきたものを簡単に手放してほしくなかった。飼育してきた生き物たちのデータ、持ち込まれた地元の生き物たちのデータ、数多の標本…。全部ぜんぶ貴重なものです。水族館って博物館でもあり、飼育員は研究者でもあるのですよね。

そんなたいそうな理由じゃなくてもいい、自分の大好きな場所が奪われる。それだけで十分に悲しい。つらいよ、まじで。
悲しいけどさ。自分の推しには最後まで輝いててもらいたいじゃん?地味かもしれないけどなんかいいとこだったね!って思ってもらいたいじゃん?
みんな、油壺マリンパークに行こう!行って見てほしい。昔行ったことある人も、閉館だから見ておこうって人もみんなみんな行こう!
かめきちさんからのお願いです。