アクアワールド大洗水族館(2回目)

2015年1月24日。

早くブログ記事にしないと…と思い続けて早半年(;・∀・)
カグラザメに会ってきたよ、の速報記事の続きですー。

大洗は子供達と3人で訪れた最初の水族館。いわばかめきちの水族館巡りの原点って感じですね。2007年の前回記事は→コチラ

到着してすぐカグラザメの元にダッシュしてしまったので(笑)
落ち着いたら一回出て再度入り直しから!(え?)


仕切り直しついでにちょっと早めだけどランチっ♪
海鮮丼にアンコウ汁にカニの味噌汁(≧▽≦)エントランス横のフードコートものですがじゅーぶんおいしいっす!お天気だったのでテラスでの食事ー、なんて贅沢♪


さーて、中へ入ります。
円柱水槽のイワシさんがお出迎えしてくれました。



順路は無視になりますが、屋外へ。おお、カピバラさんがいるー。


いい湯だな~、な顔ももちろん癒されますが。


飼育員さんに撫でられると…
なにこの恍惚とした顔…!羨ましいぞっ!(笑)


ペンさん。凛々しいお顔に立派な体型ですな。


屋外展示をまわったら、行列に並んでショープールのあるオーシャンシアターへ。
太平洋どーん!な背景は相変わらずステキです。逆光になりがちなところが玉にキズですが…。

イルカ・アシカオーシャンライブをみます、みます。


がおー。

なんかいい雰囲気っすね。(そして後ろの灯台がまたいいですね♡←私だけか、灯台は。汗)



アシカパートの次はイルカパートですよー。
オキゴンドウのボールタッチ!カイくん、大きい!


カイくんがどれくらい大きいかというと…こんくらい!すげぇぇ、飼育員さんがコビトに見える!w

続いてバンドウイルカさんも!って…あれ?。



最高到達点の瞬間。
惜しい!届いてない!!ww


カマイルカさんはブレイクダンスw担当ー。




そして、私的に一番楽しみにしていた演目、イルカに乗るアシカ!
数年前、最初に聞いた時は「なんだよそれ?」と全く想像もできなかったんですが。
ようやく大洗に来れてようやく見れたよーーー(≧▽≦)!

オキゴンドウのカイくんに優雅に乗っているのはカリフォルニアアシカのココちゃん。


ココちゃんは書道もするし、オキゴンドウにも乗るし、さらには2014年にコタローを出産してママさんでもあるんですね。
なにそのマルチプレーヤーっぷり!すごいっす。
無事イルカに乗るアシカが見れて大満足(∩´∀`)∩


とにかくオキゴンドウが大きい!と私的に大好評だったオーシャンライブでしたっ!


ちなみに。
ここのプールは下からも見ることができます。
ショー以外の時にまったり泳いだり遊んだりしているイルカもかわいいのですが、ショー中のイルカたちのスピードは一見の価値があるかと。

こちらは水面に浮かんだボールを客席に蹴りこむ瞬間。等倍スピードです。このスピードで突っ込んできて壁にぶつからないのかヒヤヒヤしちゃいました。



さて、今度こそ順路にしたがって最初から(;・∀・)
イワシさん円柱水槽の隣にいたかわいこちゃん♪


そして大水槽~。


恒例になりつつある、我が子達の水槽厚さチェックww
55㎝の厚さだそうです。日本一の水槽は美ら海の60㎝なので大洗もすんごい。


大水槽はひょっとしたら順路の先で上から見下ろすポイントがあるので、そこから観察したほうが全体はよく見えるかも。こんな感じ。
しっかしエイ(ホシエイ?)がデカいよなぁ…。下にいる人間の大きさと比べるとその巨大さがわかるかと。


大水槽を過ぎると「暗黒の海ゾーン」になります。
速報記事にも書いたカグラザメもこちらのゾーンにいました。

サムクラゲ(目玉焼きクラゲでおなじみですね)

リュウグウノツカイ(標本)


ダーリアイソギンチャク。

ユメカサゴさん(かわいい)

これは何かの卵?(前にも聞いたことがあったようななかったような…)




さて、次はエスカレーターに乗って上に向かいます。
ただのエスカレーターではありません。


見て見て。真横が水槽になってるの!いつまでも水槽に見とれているとエスカレーターから下りそこねるやーつ(;・∀・)

これ、下りそこねても仕方ない!
だって、エスカレーターの横にでっかいサメがいるんすよ!見とれるな、って方が無理だわー。
(これを撮りたいがために何回もエスカレーターに乗ったことはナイショww)


今や「大洗といえばサメ」的なかんじになっちゃってますが。やっぱりこれはすごい水槽ですよねー。


迫力ががが。


トラフザメさんもいます。


そしてこちらも「大洗といえば」なマンボウさん。



大型のサメだけではなく、小さいサメから珍しいサメまで、とにかくサメ展示の充実っぷりったらすごいんですね。さすが「サメの大洗」ww

ナガサキトラザメ。

ブラウンシャイシャーク
「このサメは危険を感じると、体を丸めて尾びれで頭を隠す習性があります。その姿が恥ずかしがっているように見えるため、「シャイ(恥ずかしがり屋)なサメ」と呼ばれています」
なんと!
そんな萌ポイント高いサメさんなのか!


ネックレスカーペットシャーク

ノコギリザメ(大)とクラカケザメ(小)。



世界の海ゾーンではサメじゃないお魚もたくさん(ホッ)
なんとなーく、葛西っぽいラインナップだなー、と思ったり。

スポットフィンホグフィッシュ(赤)とルックダウン(銀)。

凛々しいジャックナイフ。


オールドワイフ 。名前がひどい(´;ω;`)
 ググったところ、名前の由来は「釣られた時に、老婆が歯を擦り合わせるように、「ギシギシ」、または「ギーギー」と鳴くことに因ります」だそうな。
歯ぎしりするのは老婆なの?老爺だって歯ぎしりすんだろに…。謎…。


シモフリタナバタウオ。


なんか安心できる画ですね(笑)


撮影難易度の高いラッコ。カンナちゃん。


 トートツにタコ。

トートツにゴマフアザラシ。




アラカルト水槽から。


トクビレさんどーーん。


トクビレさんわっさわさ!に立ち向かうイバラモエビさん(;・∀・)



ダイオウグソクムシさんはあっち向いたまま…。


そして多分、後半戦で一番コーフンした瞬間がコチラ。
立派なフトウミエラ!!!!!
とっても活発に伸び縮みしててきゅんきゅんしちゃいました(*´ω`*)


展望台からの眺め。


久しぶりにガラさんとふれあい♪


最後に淡水魚でクールダウン。



(その他にも企画展やイカさんなんかもいたのですが、まあとりあえず)



外に出たらもう夕方。
「わー、うーーーーーみーーーーーー」あっちゅーまに子供達は走り出して行きました…。
8年前とやってること、変わらない男子2名(;・∀・)

またもや長い記事になってしまいましたが。
なんでもござれ系水族館のサメなら任せろ部門担当のアクアワールド大洗でしたー。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見ご感想、苦情などはこちらへ(あまりにも公開までに時間がかかってしまうのでコメント欄をオープンにしてみました!返信に時間がかかってしまったらごめんなさい…)