京都水族館(2回目)

2014年12月30日。

アクア・トトぎふを出てから西へ西へ。
ひたすら下道で進行しまっす!

高速道路に乗ってしまうと感じないけど、下道ドライブは当然ですが時間がめっちゃかかります。
渋滞だってあります。
のーんびりドライブしながら道の駅でおだんご休憩♪
ツイッターをチェックしていたら。

京都水族館は本日20時まで営業します♪のつぶやき(京都水族館公式Twitterの該当ツイは→コチラ

現在地は野洲。
おっと、これは京都水族館に間に合うぱてぃーん?(ΦωΦ)フフフ…

ってことで、ナビの目的地を京都水族館に変更っ!
はい、きゅーきょくの無計画ドライブですっ(笑)

とうちゃーく!
さすが冬休み、さすが京都、日が暮れてからも人がわんさかいますいます。

さすが京都。館内にもまだまだたくさんの人がいます。主にカップルばっかりというのはまあ、ほっとけ(笑)
入り口入ってすぐの水槽にプロジェクションマッピングが!(上の写真の右手にすこーし映ってますね)

がーーん!忘れてた、京都水族館も今プロジェクションマッピングやってるんだった(;・∀・)
(→すみだで懲りた人…)
(えのすいみたいに楽しいのだといいなぁ…)


さあ、いきましょう!
京都水族館の名物、オオサンショウウオ軍団!
今日もすばらしい団子状態を見せてくれています!(笑)


そしてその先に何やら小さな水槽が並んでおる。

うわー!これはすごい!!


小さな水槽にはサンショウウオ科の仲間たちがずらーり。
これは凄いよ、よくぞここまで揃えたな、って感動。

(数があまりにも多いのでこんな感じで)




オオサンショウウオ軍団にも驚かされるけど、このコレクターっぷりにも驚いた!!

京都水族館のスタッフさんとは仲良くなれそう(コレクション属性という意味でw)

そんでもって、生き物の名前がひらがなで書かれているのがなんか京都っぽいですね(そうか?)


海獣のみなさん、夜でもまだ元気に営業中でしたっ!


 かなり暗いので突然ぬーーーん!と現れる感じがたまりません。

明るいところには人も集まります(;・∀・)



館内に入り、さあ大水槽だー!
っとワクワクしていましたらば。
大水槽を横から眺めるこの場所から先には進めません、とスタッフさんに止められました。


大水槽の正面はプロジェクションマッピングを投影中のため、こちらにお並びください、とのこと。


がーーーーん、プロジェクションマッピングのこと忘れてた…(;・∀・)
(入り口でも同じこと言ってたかめきち氏…記憶力orz)

ええ、ええ。
並びましたとも。前後ともカップルオンリーの行列に10分ほどね!!(ほっとけ)

そして、ここでもがんばりましたよ、動画撮影。手持ちで腕プルプルさせながら(笑)
6分の動画なのでお時間がある方はのんびりご覧になってみてもいいんじゃないかしら(;・∀・)
(かめきちさん、よく手持ちで6分耐えたな、とか見方はいろいろww)

投影方法はえのすいと同じです。
大水槽を暗くして、上半分くらいに薄い幕を下ろしてそこに投影しています。幕の後ろに透けて見える巨大エイさんの影がなかなかいい雰囲気を出してましたね。

【3Dプロジェクションマッピングのかめきちさんの感想】
うん、まあ…いいんじゃない?水族館をレジャーとして考えるならばいい企画だと思うよ。
雰囲気もムーディだしね♪
水槽の生き物を見たい!って人には全く向いてないですね。投影時間以外は水槽前に立つことができたえのすいと違って、プロジェクションマッピング期間は水槽前に立つことすらできない京都方式は残念極まりないカモ。


大水槽見たけりゃ、横から見ればいいじゃない!
と某妃に言われたので、横から観察ー。


さて、大水槽から離れます。
大水槽を横から見たくて順路を逸れてしまい以後修正できずww
こっから先は順路めちゃくちゃにお送りします(笑)


夜間営業おつかれさまっす!!
頭ボサボサですねww

なにやら吠えていらっしゃる…
おつかれさまです(;・∀・)

スヤァ…


イルカショーの観覧席にも入れました!
ただし真っ暗!マジ真っ暗!!!足元見えないくらい真っ暗!
絶対転ぶ!ってくらい真っ暗!(シツコイ)

暗闇仕様にカメラを調整してこの感じ。肉眼じゃ全然見えなかったけど、こんなにたくさん人がいたのか!!ビックリしました(;・∀・)
そんで、イルカさん3頭そろって泳いでる姿にまたビックリ(肉眼では見えません)


大水槽前のプロジェクションマッピングでは静かにー、と言われていた子供たちもクラゲ前のプロジェクションマッピングではおおはしゃぎ!
顔面に投影して笑ってみたり踊ってみたり。
我が子じゃないけど、子供って楽しい。実にじつに楽しんでいました(*´ω`*)


次はペンギン!
京都水族館自慢のペンギンの浜も真っ暗です。
またもや暗闇仕様に変更してパシャリ。


眠っているペンギンさん。
暗闇の中、うろつくペンギンさんもいたり、夜の生態を見ることができてなかなか興味深く観察できました。
泳いでるペンギンさんはいなかったなぁ。ペンギンも夜目なのかしら?



再び館内へ。
大水槽を上から見下ろすポント。こんな感じでプロジェクションマッピングを投影しています。




こっからは生き物を真面目に撮ってみよう(`・ω・´)キリッ

ハマクマノミベビー。

うーん、暗くて難易度高い…。


あー、これなんて魚だっけ…。

手(?)をいっぱい広げてー、よいしょ!



チンアナゴとニシキアナゴいたよ!(∩´∀`)∩

ニシキ。
チン。


ボロカサゴ(カサゴ目 › フサカサゴ科 › ボロカサゴ属)

ハダカハオコゼ(カサゴ目>フサカサゴ科>ハダカハオコゼ属)

ハナオコゼ(アンコウ目 › カエルアンコウ科 › ハナオコゼ属)

ツマジロオコゼ(カサゴ目 › ハオコゼ科 › ツマジロオコゼ属)

コクチフサカサゴ(カサゴ目 › フサカサゴ科 › フサカサゴ属)


このへんにもコレクション魂を感じますね。大変興味深いデス(*´ω`*)
え?感じない?私だけ?(;・∀・)
(分類を書いたのは個人的趣味デスww)


ミミズクガニ。どこがどうなってんだか…不明。

モクズショイ。


さんご礁の住人。


クマノミさん。


サンゴの海。


ヒフキアイゴが美しい…。


わー、この魚知らないっ!思わず撮りまくってしまいました。
キハッソクという魚だそうです。体表から毒粘液を出すんだって。ほほう…。



美味しそうシリーズその1、ケガニ。
美味しそうシリーズその2、ホッケ。


黄金のオニオコゼ。


海水魚を満喫しましたっ!
おなかいっぱいっ!!(ちょっと疲れたww)


まだまだあるよー。
淡水魚コーナー。「山紫水明ゾーン」と名づけられたここは京都水族館の存在意義的に重要(とかめきちさんは思っている)なポイントです。


ここでもコレクション魂を発揮されてま!(笑)
ドジョウだけでこんなに。

そのほかにも詳しくない人がみたら区別がつかなそうな(それは失礼か?w)淡水魚たち。


最後!
京の里山ゾーンはライトアップされてて綺麗♪

東寺の五重塔が見えるよ!五重塔もライトアップされてる?よね?

さむーい!けどきれーーーい!
ってことで、20分ほど眺めてたでしょうか。1人だけどなっ!(ほっとけ)


プロジェクションマッピングはまあ、私には合わないんだと諦めてますが(;・∀・)
でも、京都水族館もじっくり見て回れてよかった♪
延長営業ありがとうございましたっ(≧▽≦)


満喫まんきつー!な京都水族館でしたっ♪

おまけ:京都タワーもライトアップが見えて綺麗でしたん(*´ω`*)


0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見ご感想、苦情などはこちらへ(あまりにも公開までに時間がかかってしまうのでコメント欄をオープンにしてみました!返信に時間がかかってしまったらごめんなさい…)