犬吠埼マリンパーク(2018.1.31)

2018年1月31日。

突然発表された犬吠埼マリンパーク閉館のニュース。そのニュースに私が気づいたのは閉館前日の30日。
閉館します!→お客が殺到、みたいな閉館商法(?)もできないくらい、また次の週末まで持たせることもできない、切迫したお知らせでした。

産経ニュース(以下画像で引用)

このブログ内での犬吠埼の記事(2009年5月)は→コチラ
その後1回行ったかな?でも写真は全然撮っていなくて。
行けるなら行かないとね!ということで犬吠埼マリンパークの最終日、行ってまいりました。次男も連れて、ね。

水族館ブロガーとして、ここに犬吠埼マリンパークという水族館があったという記録として書き留めておきたいと思います(ので、長いよー!と警告しておくw)

突然すぎるお知らせとはいえ、閉館しちゃうとなれば全国から大挙して人が押し寄せるはず…と思い、早朝に横浜を出て8時半到着!駐車場満車だったらどうしよう…と思っていたのですが…
まさかの一番乗りw
テレビカメラが朝日を浴びるマリンパークを撮影しているだけの光景はとてもシュールw

8時45分、入り口のドアが空きました。チケットを買うために窓口で「大人2名で!」と2600円を出したのですが、440円戻ってきました…。
え?と思ったらこういう事でした。
イルカショーのない日は大人1300円が1080円に安くなるんですね。ふーん…

9時ぴったりに入場!
イルカはショーはなくてもいるんだよね?とイルカプールに最初に向かおうとしたら引き戸に鍵がかかっている…。それじゃ館内から行けば?と階段に向かったら…
通行止め…orz
ぬおー!イルカはいるかー?!と次男とダジャレを言いつつ仕方ないので館内へ。

おおお、懐かしい!変わってない!

中に入ってるのはどう見ても金魚なのですが…ニシン目w(と、謎のスイカw)


昔の写真を振り返ってみると…マイワシがいたんですね。そりゃニシン目ですわ。
2009年撮影

この円柱水槽をぐるっと回ってみると上部に隠しきれない巨大な穴が…。
これを見ただけで一気に切なさが上がりますね…。本当に限界なんだ…。

円柱水槽の周りはピラニア水槽と。

 オーネイトキャットが異常にカワイイ(*´ω`*)
 オーネイトキャット以外にもダトニオ、ナイフフィッシュ、カルムチー、スッポンモドキなどなどがいるこの水槽。ここだけめっちゃいい状態を維持してる(ように見えた)。

あと、コロソマやピラルクーがいる熱帯性の大型魚水槽。
ガラス面の曇りもなすがままな様子…。

さあ、2階に行きましょうー。
ちなみにエレベーターはありません。バリアフリーとは対極にある感じ。

2009年と全く変わってない階段。私の中の犬吠埼のイメージはコレ!な階段。
(このナガスクジラのペニス剥製はどこかに引き取られて展示され続けてほしい)

見上げれば魚が吊るされ、骨が壁にくっついており。

踊り場にはクジラのヒゲが鎮座してるの。これこれ、これだよね、犬吠埼!って感じ。


さて、2階です。あまりにも有名な犬吠埼の恐竜さんですね。でっかい恐竜が水の中を覗きにきている、って図。ってことは我々がいるのは水中…?みたいな楽しい空間です。
前に来たときギャン泣きしてるお子さまいたけどな!w
2階は全体的に暗いし苦手な子もいるかもね(;・∀・)

水中世界なのに水槽がある!とかのツッコミはナシで(笑)青いタイルで統一されて水中感を出しています。

 サメ水槽と(ネコ・ドチ・アカエイ)

ウミガメ水槽と(アカウミガメ)

 大型魚水槽と(クエ・タマカイ・ツチホゼリ)

淡水ガメ水槽と(アカミミ・クサガメ・ワニガメ)

銚子の近海魚水槽があります。

あ、あと真ん中にタッチプール、ですね。

 アカミミの足、むっちむち!!!(*´ω`*)

館内ほとんど全ての魚名は手書きで書かれてるの。絵がかわいい(*´ω`*)


触ってみよう!のコーナーの鮫肌が触られすぎてツルツルになってるの、水族館あるあるですねw

アオウミガメとか

ツチホゼリさん、お引越しできるといいけどな…。


さーて、次に進みましょうー。謎の世界観…。

奥にいるのはメガネカイマンのはく製っす。

 謎の世界観は続く…。

フロントーサは見つからず。

曲がり角。漏れてくる光がまぶしい。ってかなんで光が漏れてくんのよ…。

 ”ちかめきんとき”で呼ばれてる気がしたのできっと疲れてるんでしょう(;´・ω・)

汽車窓が続く水族館っぽい雰囲気になってきました。

この雰囲気、私は好き。天井からぶら下がっているのは発泡スチロールで手作りされたチンアナゴ♪

 よーーーく目を凝らさないと見えない極小ウメボシイソギンチャク。

チンアナゴは終了してました。どこかに移動できたのかな?


え?カブトガニどこにいるの…?
 ここですよー、ここ!ミニミニサイズのカブトガニっ仔。

確かに古いしガタがきてるのは見て分かるのですが、今日で終わりにするのはもったいないくらいちゃんとしてるんですよね。中に入ってるのはペットショップでも買えるような魚なんですけども。

 大き目の水槽。熱帯の海の魚。
 やっぱり中はかつてより寂しいですね…。照明も暗いし。
2009年撮影。

曲がり角にはブラックゴースト。でもやっぱり後ろから漏れる光が…遮光シートがことごとく終わってるんだな…(;´・ω・)

汽車窓水槽がまだまだ続きます。

なんだろう…。中の魚に合わせて水槽前もレイアウトしてるのかな…?
中にいるのはオニダルマオコゼさんです。ゴツゴツ感を出してみたのかしら?


ここにもあったニモ水槽。


かわいいサイズのハリセンボン。
かわええ(*´ω`*)


来ていたお子様たちのママに大評判だった撮影ポイント。インスタ映え…なのかな?

うわ、これやっばい。ヤバイって!!
ビニール袋の向こう側が気になりすぎて…(;・∀・)


プラチナホワイトエンゼルフィッシュ。

あ、これなんか記憶にあるぞ!と思ったら2009年には大量にいたw
2009年撮影

白ザリ?

ウーパールーパーたち。


上段はヒョウモントカゲモドキ。

下段はイベリアトゲイモリリューシ。


最後の曲がり角。曲がり角ごとに光が漏れていたのですが、ここは大丈夫w

ただし水槽はズレてますが(;・∀・)

最後の大水槽ー。

ウツボとターポンがいましたですよー。


館内の水槽を見終わったら、屋上の展望台に行きましょうねー。
(え…天井に穴…ってのは見ないフリして…)


わーーー!変わってないー!

犬吠埼灯台と太平洋がドカーンと!
 周りをきょろきょろ…。
 あ。「水」が外れなくてよかったよね…まだ意味通じるし…(;・∀・)

 下を見下ろす。あら…アザラシはいなくなったのね…枯草がアザラシプールに…。
そんでもって、イルカプールの水が緑じゃない!!!乳白色!w


さて、屋外へ!乳白色プールのイルカさぁん!

 前回来た時、イルカは4頭いたと思うのですが…いつの間に1頭になっていたんだ…。
しかも去年12月にはショーもやめてしまったらしいし…。

 給餌の時間に飼育員さんが一生懸命指示を出していたけど、できたのはテールでバイバイくらいで、ジャンプはとてもとても…って感じでした。本当に体調はあまり良くないのかも。何歳なのかな、そこまで高齢って感じでもなさそうだけども。 

 イルカと正反対に一番活気があったのはこちら。フンボルトペンギンたち。

近い!ボエーボエーうるさい!w元気!

午前中のうちは水が浅くて上れないペンギンがww

ゲリラ的に飼育員さんが1羽連れ出して撮影会が開催されていました。 大盛況!
ここには44羽、18ペアがいるそうで。できるだけまとめて移動できるといいなぁ…。

わー、立派なヤシの木!w

ここのアザラシ展示はほのぼのしてて良かったんだよなぁ…。ゴウ君コスケ君。
2009年撮影

アザラシはいついなくなったんだろう…死んだのか移動したのか…。

この案内板見る限りではだいぶ前からいなかったぽいけど(白いテープの下がアザラシ)

イルカプールの横でひとやすみ。ってベンチすらないよ…(;・∀・)

ゾンビ映画感 is ある…



ちなみに…最終営業日だったのですが、レストランもミニゲームコーナーも休業でした。
最後の臨時収入チャンスだったのに、それすら無理だったんですね…。
ここに楽しかった思い出だけおいときます。
2009年撮影

はぁ…さみしいねぇ…。寂しすぎる終わり方…。

特にセレモニー的なものもなさそうで、時間を過ぎてもダラダラと追い出しもしなかったので一足お先に退出しました。


犬吠埼の限界具合を目の当たりにして、あまりにも切なくて…。
最初のニュースにも書いてましたが2011年の震災で風評被害によって客足が遠のいた、って、それも確かにあるのかと思いますが、それだけに閉館の理由を求めてはいけませんよね。だって風評被害だけでなく実害を被った施設でも立ち上がって盛り返している現状もありますからね…。
イルカショーのない日は入場料が安くなったりさ、考え方が昭和のまま止まってんのよ。今の状況に追いついていくことができなかったことが、もっとリアルな閉館原因だと思わざるを得ないよね。新旧関係なくどこの水族館も必死に集客方法を考えて模索して頑張ってる。イルカがいるよーだけでお客さんがくる時代じゃない、ってこと。
もっと早い段階で誰かがそれに気づいて実行できれば、閉館まで追い込まれなくて済んだのでは…と思うと本当に切なくて。

今は残された生き物たちが無事に引っ越しできることを祈ってます。
閉館間際にスーツ姿の銚子市の職員さんも館内を視察(?)してたので、なんらかの援助があるといいけどなぁ…。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見ご感想、苦情などはこちらへ(あまりにも公開までに時間がかかってしまうのでコメント欄をオープンにしてみました!返信に時間がかかってしまったらごめんなさい…)