道の駅紀宝町ウミガメ公園ウミガメふれあいプール

2013年8月14日(記事を書いているのは2014年2月デス)

和歌山・紀伊大島でのキャンプついでによってみました~。
ってか、すっかりここの記事書くの忘れてたわ…(;・∀・)

紀宝町ウミガメ公園は「道の駅紀宝町ウミガメ公園」の中にあります。
そのまんまデスネ(;・∀・)ちなみにここは和歌山県ではなく三重県です(三重県デカイ…)

ちなみにここの道の駅は軽食コーナーもありますし、かき氷の上にソフトクリームをのせたデザート「カメいちご・カメブルーハワイ・カメピーチ・カメみかん・カメマンゴー」が超オススメです(∩´∀`)∩
(写真はカメピーチとカメみかん♪)

もいっこマメ知識としては夏のお盆に行われる紀宝町花火大会をここからバッチリ見ることができます(∩´∀`)∩当日は激混みだったけどな←数年前に大混雑に巻き込まれた人(;・∀・)
道の駅によくある地元物産展的なお店も充実していて、私もお野菜をたくさん仕入れましたよい♪

そんなワケで大混雑で大盛況な感じの道の駅紀宝町ウミガメ公園。
その道の駅入り口横にドーンとあるのがウミガメ公園です。

建物外観の写真とか入口にあったウミガメの銅像とか写真撮ったハズなんだけど見当たらずorz

なのでいきなり中に入ります(;・∀・)

真夏の日差しをモロに取り入れてめちゃんこ明るくて、節電の影響か日差しが強烈すぎるのか室温はかなり高め。
しかし、人はたくさんいるよ!みたいな。


プールの中を覗きこむと。

わ、でっか!

こ、こんにちわー。

後姿もりりしい…。しかしなんでこんなに水が濁っているの?そしてなんでこんなに臭うの…?


と思っていたらこの貼り紙。よかった…この濁りと臭いがデフォだったらちょっと…だったぁ。


そして、お隣和歌山のすさみ海立エビとカニの水族館でも見たような貼り紙が。
ウミガメ達が濁った水にいるところを見てからこの貼り紙見ると…思わずサポーターに立候補してしまいそうですね(;・∀・)勢いで(;・∀・)


下からも観察できるようになってますが、なにせこの濁り…。


ウミガメだけでなく、近くの川に生息しているような小魚たちも飼育展示されています。





ウミガメのはく製がありました。「タイマイ」って紙がテープで留められているところなんかが見所ですね(笑)
それよりもっとすごいのは口の中!!!
わぁお。なんか大量に詰まってるお!!Σ(゚д゚`)!!


ウミガメ公園ではふれあいプールでのウミガメ飼育展示だけでなく、紀宝町に産卵に来るウミガメたちの保護活動も行っています。
道の駅の目の前にある海岸にも産卵に来るんだとか。

道の駅なので車で移動しないとアクセスは厳しいですが(当然か(;・∀・))
ドライブでの寄り道にぴったりな感じですかね~。無料で入れますし!!(∩´∀`)∩

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見ご感想、苦情などはこちらへ(あまりにも公開までに時間がかかってしまうのでコメント欄をオープンにしてみました!返信に時間がかかってしまったらごめんなさい…)